保険の鑑定団
失敗しない保険選び
保険の鑑定団

Blog

2019年08月19日 [Default]

保険とたばこ

昔に比べ、喫煙者は減少傾向にありますが、他の国に比べると未だ高い率だということです。

生命保険や医療保険に加入する時に、医師の診断による健康状態の申告が必要になります。
もちろん喫煙の有無も判断基準のひとつとなります。
そして、保険の種類によっては、非喫煙者は保険料を割り引いてもらえる保険もあるのです。
割引制度がある保険に加入する際、たばこを吸っているかどうかを確認するために、ニコチンを検出する「唾液検査」を受ける必要があります。

日本たばこ産業(JT)は、たばこのパッケージデザインを注意書きの表示面積が従来の30%以上から50%以上に拡大することを発表しました。
昔に比べ、喫煙できる公共の場所も随分減っています。
一人ひとりがたばこについて病気のリスクがとても高いということをしっかり認識していかなければいけません。

たばこは百害あって一利なしです。吸っている本人だけでなく、近くにいる家族も受動喫煙になり健康を害する可能性があります。
たばこは「吸わない」が一番です。

たばこ代も抑えられ、保険料の節約にもつながる、この際思い切って禁煙を目指してみませんか?


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
ご予約フォーム

PageTop